あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

常識の土台を変えた方がいいかも…

「韓国の金利って何パーなん?」

 

今日はお昼にラーメン屋へ。

サラリーマンたちが大汗をかきながらラーメンをひたすらすすります(!)

 

その中での一コマ。

 

何気ない会話だったのでしょうが、韓国の金利って何パーセントなのか?とのこと。

韓国は金利が良いイメージなのでしょうね。

「うーん…1.3パー位やない?」

 

「へぇー!結構高いねー!」

 

…という会話。

 

高い???

でしょうか?

 

私がご提案している商品は年7%程の利回りがつくもの。

 

おそらく、常識が違うのでしょう。

 

普段から私の常識である7%が思考の根底にあるため、何とも滑稽な会話に聞こえてしまいました。

f:id:everydayrunchange:20170608182852j:plain

やはり、誰と付き合っているか。

誰から情報を取っているかということが何より重要。

 

先ほどのサラリーマンの方々の会話は、金利について詳しくない人が、同じく金利について詳しくない人に情報を求めている状況。

どう考えても非効率ですよね。

 

まぁ、ただの会話だとしたらそんなに言わなくてもいいわけですが(汗)

 

誰からくる情報かによって、自分の行く末が変わってきます。

 

しっかりと身の回りの事象を取捨選択したいものですね。