あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

設備資金は前もって買うとアウト

「それはダメですね…」

 

最近独立したという知人が、日本政策金融公庫さんの融資を受ける際に言われた一言。

今日はくれぐれも気を付けたい借入前の注意点について、見ていくことにします。

 


1.借入には2種類ある


借入金には大きく分けて、


①設備資金
②運転資金


の2つがあります。

f:id:everydayrunchange:20170529202907j:plain


2.設備資金とは


設備資金とは、設備投資をするための資金
例えば、車両の購入・機械の購入・ソフトウェアの購入などといった、モノを買うために必要なお金のための借入資金です。

 


3.運転資金とは


運転資金とは、会社を回していくため、すなわち運転していくために必要な資金
例えば、売掛金の回収サイクルが2ヶ月先であるにも関わらず、買掛金の支払サイクルが1ヶ月先であった場合、その差の1ヶ月の資金が不足してしまいます。
この不足を補う資金を運転資金といいます。

 


4.利率が異なる


設備資金はモノを買うのが明確な資金であるため、金利が優遇されています。
その一方で、運転資金は設備資金に比べ、資金の用途がそこまで明確ではないなどということから、金利が設備資金に比べ高くなっています。

 


5.先にモノを買ったらアウト(!)


設備資金を買う場合、とにかく先にモノを買ってしまったらそれまでです。
これから設備投資をするための借入なので、前もって買ってしまうと、「お金に困ってないやん」ということで、設備資金は受け付けてもらえなくなることに。
慎重にいきたいところです。

 


私自身も、先にモノを買ってしまったため、受けられるはずの助成金を逃しています(泣)

↓参考記事↓

everydayrunchange.hatenablog.com

何にしろ、お金を使う時はある程度慎重にいきたいものですね(汗)