読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

ウワサの確定申告「20万円以下」は本当に申告不要??

「ちょっとだけ収入があるんやけど、確定申告せんといかんの?」
というのは、結構よくある相談。

答えはケースバイケース。

今日はこのなんとも微妙な取扱いについて見ていくことにします。

 


1.20万円以下の所得は申告不要(?)
基本的に所得が20万円以下の人は申告しなくてもよいことになっています。
ただ、例外が。
あくまでも基本的に、というだけのお話。

 


2.国税庁HPによると・・・
次の人は例外。つまり20万円以下であっても申告しなければいけません。

① 給与の年収が2,000万円を超える
 …収入が多すぎるから、例外なし。
② 1ヶ所からのみ給料をもらっている、かつ、給料以外の所得のすべての合計が20万円を超える。
 …20万円を超えるため、申告が必要。
③ 2ヶ所以上から給料をもらっている人で、メイン1ヶ所の給料の給料と給料以外の所得のすべての合計が20万円を超える。
 …やはり20万円を超えるため、申告が必要。

 


3.サラリーマン以外の人は申告が必要(!)
2.を見てもらうとわかるのですが、すべてにおいて、「給料」をもらっているということが、要件になっています。

裏を返すと、給料をもらってない、例えば個人事業主の方などは、20万円うんぬんは関係ないということ。

f:id:everydayrunchange:20170507072810j:plain


これは、サラリーマンは「年末調整」という簡単な確定申告が既に終わっているから、という前提があるためです。

 


4.同族会社も要注意(!)
多くの会社は親族が役員になっているいわゆる「同族会社」でしょう。
親族の会社であることから、親族間で例えば地代のやり取りをしていることも多くあるはず。

 

そのことについても、国税庁HPに書いてあります。
・同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人
は確定申告が必要です。
これは、例え年末調整が終わっているとしても、です。

 


5.まとめます
この確定申告不要制度。


考える順番としては、


 ① 収入が高すぎないか?(年収2,000万円超は×)
 ② 同族会社の役員が親族間の取引をしていないか?(身内には例外規定なし)
 ③ サラリーマンで、給与所得以外の所得の合計が20万円以下か?(20万円以下だと初めて確定申告不要。)

 

 

俗に言われる「20万円以下だと確定申告はしなくてOK」というルール。
合っているようで、完全には合っていないですよ、ということ。
しっかり注意しておきたいものです。

 

 


今年のどんたく。
我々ブラジルパーカッションももちろん太鼓を叩いてきました。

最後の最後は、屋内のステージ。
ここでまさかの音量制限が(!)

室内、かつ、他店舗の迷惑になるようであれば、音量はしぼれ(!)
屋外であれば、大音量OK(!)


20万円の確定申告の話で、

どんたくの音量制限で不完全燃焼をした我々の行き場のないこのモヤモヤを思い出さずにはいられません…