あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

預金利息からも税金がとられている!?

「14円(!)増えたね~」

 

私のとある通帳に100万円をそのまま置いているものがあるのですが、1年間で14円ほど増えています。
1年間で14円の仕事をしてくれているわけです。
すごいですねー(?)

 

さて、今日はこの利息についての税金を見ていくことにしましょう。

 


1.利息にも税金がかかる
みなさんが「増えた増えた」と喜ぶこの利息。
税金が取られていることを知っていますか?


現在の法律では、金利息に対して20.315%の税金が取られています。
ちなみにこの内訳は所得税15.315%、住民税が5%。
法人は住民税の税金はかかってきません。

 


2.引かれて終わり
この税金。
源泉徴収と言って、利息を受け取った瞬間に自動的に税金が引かれてきます。

f:id:everydayrunchange:20170502194709j:plain


何もせずラクではある一方、これが私たちが税金を引かれても意識しない一因となっています。
自分で申告でもすれば、否が応でも意識しますけどね・・・


日本の銀行に預金を預けていても、このように源泉徴収という形で利息から税金が取られていきます。
この税金に負けない位しっかりと増やしていきたいもの。


最近天神の事務所を構えたのですが、知らぬ間に町費が(!!)

契約書を見てしまうと、どうしても意識してしまいます。

 

 

いっそのこと、黙っておいてほしかった・・・

 

 

しばらく眠れぬ日が続きそうです・・・