読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

視点を変えて経費を生み出す

ある美容系のサービスをしている人との話。


「この靴、めっちゃ磨いてるんですよ~。これにお客さんもすごく興味を持ってくれて・・・」
と、かなりの靴好き。
靴が好きなのが高じて、お客様の靴まで磨きだすほどに(!)

f:id:everydayrunchange:20170426223431j:plain

お客様にはこの靴のことにすごく関心を持っている人が多くいて、リピーターになっている人もかなり多い。

 

この方は、靴は当然経費にならないとの考え。

 

そりゃそうですよね。
靴ですから(!)


日常生活で履く靴など経費になるわけありません。

 

でも裏を返してみましょう。
日常生活では履いてないとしたら??

 

店舗の中だけで履いて、お客様の興味をひくものだとしたら?

 

そう考えると、この靴。
立派な販売促進のためのモノですよね。

そうなると十分経費になり得るわけです。

一見、正当な常識であっても、視点を変えるとその常識自体が変わってきます。

変わったその先に節税のヒントが見えることもしばしば。

常に「本当にそうなのか!?」という視点を持ち続けることをオススメします。

 

 

 

最近長女がよく急須をつかいます。

 

4歳にして、もうお茶デビューか。
末恐ろしいですね。
おばあちゃんになったら何を飲みだすのでしょう。

・・・!!


白い??

白いものが急須から・・・!!

 


・・・牛乳か・・・

 


大人は考えもしません。


急須から冷たい冷たい牛乳を継ごうなんて・・・


子どもの考えの柔軟さには見習うべきことがたくさんですね。

 

 


・・・これを見習って、明日妻の湯飲みにお酢を入れておこうと思います。

 

・・・

 

思っておくだけにしようと思います。