あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

住宅ローン控除を使い忘れたら・・・?

「たばこはハタチからの販売になりますので・・・」

最近たばこも最近高いですね。
私は吸いません。スイマセン・・・

f:id:everydayrunchange:20170226104134p:plain

私の前に並んでいた女性が、たばこを買おうとしたところ断られた様子。
「私、40代ですけど・・・」

確かに・・・かなり小柄でかわいらしい人だったのですが、かなり落ち着かれている・・・

「申し訳ございません(!)」
店員さん平謝り・・・

思い込みは怖いですね(汗)

 

さて、思い込みと言えば、最近あった話。
住宅ローン控除を過去に使うことを忘れていた会社員の方のお話です。

 


1.住宅ローン控除の適用を忘れていたら?
住宅ローン控除の適用忘れ、ということはたま~にあります。
ただ、控除が大きいためあまり忘れることはないのですが、うっかりということは意外とあるもの。
そんな時、すぐにあきらめずになんとかならないかを考えてみましょう。

 

2.確定申告を過去にしている場合
過去に確定申告をしており、その確定申告をした年分について住宅ローン控除を受けようとします。
・・・残念ながら、このケースでは住宅ローン控除が使えないのです。
住宅ローン控除には「当初申告要件」というものがあり、確定申告をした時に適用を受けていないとしたら、もうアウトなのです。

 


3.過去に確定申告をしていない場合
ただ、確定申告をしていない年分については、過去5年以内であれば確定申告書を提出することができます。
提出期限を過ぎての確定申告のことを「期限後申告」といいます。
この期限後申告の場合は住宅ローン控除を受け直すことができるわけですね。

 


このように、住宅ローン控除の過去の申請は、確定申告をしているかしていないかで考え方が変わってきます。


先程のたばこのことではありませんが、思い込みは本当に怖いもの。


年齢のことは他人事ではなく、私も20代前半の頃から30代半ばに見られることがよくありました。
最近はようやくそれに追いついて、「もっと若いかと思いました(!)」なんて言われ、チョコをあげる機会が増えました。

 


・・・とにかく思い込みはコワイ・・・