読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

所得税はお年玉、住民税はマスク

税務

「なんで今年は少ないの?」
というのは、恐妻家のしがないサラリーマンの友人。

年末調整の還付金が昨年より少ないとのこと。
話によると、この還付金が会社より現金で払われるため、その分がヘソクリになるとのこと・・・
なんとつつましい・・・
今年の還付金は300円位なので、ジュースは買えそうですね(泣)

 

f:id:everydayrunchange:20170113232304p:plain

さて、この還付金って・・・いったいなんなのでしょう??


1.年末調整の還付金は所得税
会社が年末調整をした結果もらえるこの還付金。
毎月の給料から所得税源泉徴収されていますね。
この所得税の戻りです。


生命保険料を払っているなど、なんらかの経費があれば還付金が多くなるのですが、
経費(所得控除といいます。)が何もない人の場合、徴収(還付の反対)になるケースもあります。
逆に取られたらガッカリですね・・・

 

2.住民税は?
サラリーマンのなんらかの経費があれば、所得税だけでなく住民税も安くなります。
ただ、この住民税は後払い。
28年度の年末調整の結果が、翌年29年の6月の住民税に反映されてきます。
ですので、住民税は「戻ってくる」ものでなく、後払いのものが安くなるというイメージですね。

所得税は突発的なお年玉、住民税は将来の支払いを予防するマスクのようなイメージです。

 

3.経費の申請を忘れたら自身で確定申告を(!)
生命保険料を払っているのに申請し忘れた、家族の扶養を申請し忘れた、などということはありませんでしたか?
サラリーマンはもう一回チャンスが。
忘れた経費を確定申告で申請し直すことができます。


また、過去に申請し忘れたものも、5年以内であれば申告をやり直す(「更正の請求」といいます。)ことができます。
あきらめる前に、何か手立てはないか?ということをしっかり考える習慣をつけたいものですね。

 

我々税理士事務所でもだいぶ年末調整が落ち着きました。
早く終わらせて、自分の調整をしていきたいものです(汗)

f:id:everydayrunchange:20170113232423j:plain