読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

天災は忘れた頃にやってくる(ダメージの大きい税金のお話)

税務

私の友人にすごく健康に対しての意識が高い人がいます。

その方はダイエットに関してもすごく敏感。
ダイエットの情報があればここぞとばかりに情報を検知し、ささっと行動します。

 

でも、その大半はあることに悩まされ失敗に終わっているとのこと。
そのあること・・・
「リバウンド」ですね。

頑張ったはいいが、後からその反動が来て逆に苦しくなるっていうリバウンドです。

その方、私から見るとすごくスマートなんですけどね(汗)

 

さて、税務においてもそんなお話が。

頑張って稼いだはいいが、後からその反動が来るもの。


1.所得税
所得税は、その年中に稼いだ結果が12月に確定して、ある程度すぐわかります。
年末調整又は確定申告で確定するわけですね。

 

2.住民税
住民税は、その年中に稼いだ結果が翌年6月(!)にわかります。

これです。
稼いだ年から結果が来るのが約半年後。
ここで悩まされる方がとても多い。

 

3.国民健康保険
これも同じで、社会保険未加入で、国民健康保険に加入している方は同じくその年中に稼いだ結果が翌年6月頃の保険料に反映されてきます。

 

4.市区町村関係は遅れてダメージが
このように、住民税や国民健康保険料は約半年も遅れて結果が反映されてきます。

これに備えておかないと、仮に翌年の稼ぎが悪くなるなどしたとき、半年後の支払いで四苦八苦することに。

 

できることなら、ある程度の予測を立てておいて、稼いだ中から少しずつ税金や保険料を払うための積み立てをしておくことをオススメします。

 

そして、私たち幼少の子を持つ親にとっては「保育料」も大きなダメージ・・・
保育料は市区町村によって異なりはしますが、住民税に絡んで決まってくるもの。
この準備もしておきたいものですね。

 

天災は忘れた頃にやってくる

f:id:everydayrunchange:20161226052851j:plain

備えあれば憂いなし

しっかり対策をしておきたいものです。

 

ダイエットのリバウンドはどう対策しましょう?
やせたことを積み立てることはできませんし・・・

まぁ、リバウンドしないダイエット法を見つけるほかないのでしょうか。

 

・・・とか言うと怒りの鉄拳が飛んできそうなので、私はヘルメットでも買って天災に備えようと思います。