あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

支払は忘れたころにやってくる【消費税のコワイお話~続き】

さて、前回の続きです。

 

4.48万、400万、4,800万は国税のこと(!)
??意味わかりませんね。
「消費税」というのは国に払う消費税のことをいいます。


厳密にいうと我々が払っている8%の消費税は、国と地方に払っているものなんですね。


なので、本当は「消費税」でなく「消費税等」という言い回しになります。
今の8%の税率というのは、実は国に払うものが「6.3%」で地方に払うものが「1.7%」となっています。
ややこしいですね。知らなくても差しさわりのないお話なのでスルーしてください(汗)

 

そして、前回いったこの48万、400万、4,800万とは国に払う部分のことです。
なので、実際に払っているのは国のものだけでなく、地方のものも含まれますよね?

 

ですので、こういう計算をしていきます。
48万円÷6.3%≒761万円→これが税率をかける前の金額。
761万円×8%≒61万円→これが実際払っている税額。

このような計算を全てでやってみますね。
すると・・・


48万円≒61万円
400万円≒508万円
4,800万円≒6,095万円


となります。

要は・・・ここだけ抑えてください(!)

前期払った消費税が
61万円なら年1回の予定納付(前払い)
508万円なら年3回の予定納付
6,095万円なら年11回の予定納付

ということです。
本当にここだけ押さえてもらえばOKです。

f:id:everydayrunchange:20161204080357j:plain

5.こんなに払えない!そんな時は?
前期ほど当期の業績が芳しくなく、こんなに払えないという時は?
中間決算という方法を採ることによって、支払う消費税の前払いを抑えることができます。
具体的には法人税と同じなので、この記事を参考にしてください。
(↓参考記事↓)

everydayrunchange.hatenablog.com

消費税は本当に忘れた頃にやってきます。


消費税は多額になりがちですので、本当に経営者にとっては死活問題。

 

顧問税理士の方と密にお打合せをされてくださいね。

 

 

消費税で経営意欲までも消費されるとしたら大変なこと・・・


・・・ですよね。