あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

営業のイタイ現実

先日、オフィスに超新人の営業の方がいらっしゃいました。

「わたくし、営業のごあいさつ回りで参ったのですが、今お忙しいですよね?」

これに対し、当然のことながら
「忙しいですね。すみません。」
と返すと、
「では、失礼いたします。申し訳ございませんが、お名刺だけいただけますか?」
ということで、名刺だけお渡ししたところ、そそくさと帰っていきました。

 

???
何をしに来たんだろう?
忙しいですよね?って確認するのはいいけど、商品の説明もないし、なにやっている会社なのかも全くわからない・・・謎でした。

 

一方的に商品の話を聞かされるなど堪えるに堪えがたいものですが、それ以前のこのようなことをされるのは疑問以外の何物でもないですね(汗)

 

この営業の方が仮に自分の会社の社長として営業に来るとしたら、こんな風に営業の場で接するでしょうか?
おそらく、自分自身が経営者であり、会社の営業だったら、もっと必死になりますよね。
だって、売上が上がらないと生活できませんから・・・

 

こういった追われる立場になった時にこそ、人は動き出すものです。
追われるからこそ、「どうやったら売れるのか?」「どうやったら相手の心をつかめるのか?」
「一流の営業マンはどうやって最初の出だしを話すんだろう?」「身だしなみはどうしよう?」
など、いろいろ売るための思考を巡らせます。

 

私もそうだったから言えるのですが、サラリーマンだとなかなかこういう思考にはなりにくいもの。


黙ってても(?)会社からお給料をいただけますからね…
でも、そのお金はどこから来ているのでしょう?
大元を辿れば、お客様が身銭を切って払った貴重なお金ですよね。

 

営業の方がサラリーマンだとしたらなおさらなのですが、そういった根っこの部分をまず叩き込んで、経営者と想いを共有することはとても大事なことのように思います。
意外とこの根っこの部分を無視して、利益追求に突っ走っている会社が多いこと。


物事には順序があります。
美味しいお米だからこそ、美味しくいただける。
そもそも素地の悪いお米だと、いくらうまく炊こうとしても、美味しさの限界は目に見えます。

f:id:everydayrunchange:20161202002940j:plain

今日の営業の方のおかげで、再度このようなことを思い正すことができました。


出会いに感謝です。(本当に)