あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

ガラスのサラリーマンVS粘土の個人事業主!

・・・なんてとぼけたタイトルにしてしまいましたが、今日はサラリーマンと個人事業主の節税について考えていきます。

 

f:id:everydayrunchange:20161025170315j:plain

1.サラリーマンは経費が決まっている

サラリーマンの所得は、副業などがない限りは「給与所得」だけです。

この給与所得はどうやって決まるのでしょうか。

給与所得=給与収入ー給与所得控除額

という算式となります。

まず、給与収入

これは会社からもらう給料や賞与。

残業でもすれば、少しは自己的に調整が可能ですが、

基本的に勤務先の会社からいただくものですので、ほぼ決まっています。

 

そして、給与から差し引く給与所得控除

これは、一律に国税局が決めています。

サラリーマンの人については、いくらの給料だったらこれ位の経費を認めますよ、という形で国税局が決めているため、全くと言っていいほど調整が不可能です。

 

となると、必然的に給与所得(利益)も決まってきますね。

ほぼ節税では調整不可能です。

 

2.個人事業主は?

個人事業主は、売上から経費を引いた残りを事業所得(=利益)として税金を計算していきます。

サラリーマンと照らし合わせてみましょう。

・給与収入 ・・・ 売上

・給与所得控除 ・・・ 経費

・給与所得 ・・・ 事業所得

という関係になります。

売上はお客様あってのことなので、調整は難しいところもありますが、結局は自分の意思のもとにあがってくる数字ですね。

では、経費はどうでしょう?

個人事業主の経費はサラリーマンとは異なり、国税庁が決めているなどということはありません。

自分で経費かどうかを判断して、経費を上げていきます。

ここで上手に合法的に経費をうまく上げていけるとしたら、そこで節税につながりますね。

 

一般的に言って、

 

サラリーマンの税金はガラス張り

個人事業主は、言うなれば粘土のようなもの

とも言えるでしょうか。

個人事業主は、ぶつけるものによっていかようにも形が変わっていきます。

上手にうまく型にはまる経費を積極的にどんどんぶつけていけば、その分節税につながることでしょう。

もちろん合法的に。

この合法的の税理士のとらえ方も様々ですね・・・

 

経営者に寄り添った税理士とともに節税を考えたいもの。

 

というわけで、節税の勝負としては、個人事業主に軍配でした!