読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

他人は変えれないから、自分が変わる。

 

昨日はセミナーの準備で一日家庭に背を向けていたため、今日は汚名挽回(!)で、家族で太宰府天満宮に出かけました。
「なんとなく、太宰府行きた~い。」という妻の軽い発言を真摯に受け止めざるを得ない私は、太宰府に行く準備をせっせと進めます。

f:id:everydayrunchange:20160911212642j:plain

太宰府までの移動は電車なのですが、その電車での出来事。


私たち親子は、妊婦の妻が下の子を抱え、私が長女の手を引き、もう一方でベビーカーを押すという、なんとまぁ地獄絵図(?)のような奮闘模様。
その私たちが車内に乗り込むのを尻目に、高校男児三人が我先に!という勢いで、優先席にすごい勢いで座ったのです。
私たちはその向かいのベビーカー専用の場所に立ちましたが、妊婦の妻だけは座らせたかったわけです。


その瞬間は、「えっ!?」っと衝撃を受けたわけですが、私も妻も何も言うわけではなく、「向こうの車両行って座るね~」と妻はそそくさとその場を離れました。
私もそれから何を思うわけでなく、ベビーカースペースに長女とともに一緒にいた、という感じ。
ちらっと周りの人を見ると、高校生たちへの冷たい視線・・・こちらの方が凍りそうでした。
以前の私ならムッと来ていたかもしれませんが、いろんな意識高い人と会い続ける中で、怒ること自体がまれな状態になっています。
妻も同じような感じで、そもそも何も感じていなかったんじゃないかと思います。(その話自体をしていませんから・・・)

 

おそらく、「他人は変えることができない」ということを自分で悟っているのではないでしょうか?
自分のことに疑問形は無責任ですが(汗)


他人を変えられないのに、他人に注意をしたり、他人に腹を立てたりすることは、なんとも心の無駄遣いだと私は思っています。

他人を変えられないのであれば、そんなことで怒ってしまう自分を変えるしかないですよね。
でも今の自分は、なんとかそうなれてる気がするなぁ、ということを、周りから高校生に注がれる冷たい視線によって改めて感じました。

 

他人に対して必要以上に感情的になることはありませんか?
きっと大半の場合、それは心の無駄遣い。
いいことなんて一つもないと私は思います。

 

とりあえず自分を変えましょう。(難しいことですが・・・)
まずはそこからがスタートではないかと思ってなりません。