あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

4つの要件を装備して、経費を生み出す!

 

事業をしている以上、当然にいろんな支出が必要になってきますよね。
そして、その支出を経費として計上するためには領収書が必要です。
まぁ、当たり前のことではありますが。

この領収書、全ての支出でもらえるといいのですが、必ずしも発行されるものではありません。

例えば、
・自動販売機でのジュースの購入費用。(差し入れなどのため。もちろん自分の分はダメです。)
・バスや地下鉄などの公共の交通機関での切符代。
・従業員の制服のクリーニングのためのコインランドリーの使用料。
・・・その他にもあるかもしれません。

ただ、この支出も事業のために使ったもの。
これを「領収書がないから経費として認めない」というのはおかしな話だと思いませんか?
実際に事業のために払ったのに、経費じゃないよと言われると、どうしても納得いきません。

そこで、どうしても領収書が出ない支出は、代わりに「出金伝票」を備えておくことで経費として認められます。

 

f:id:everydayrunchange:20160811090410j:plain

 

税務調査の際に支出の証拠資料として提示が求められた際に、この出金伝票を提示することができればOKです。
経費となるための証拠となる資料のことを、証憑書類といいます。
証憑書類の一部が領収書であり、出金伝票であるわけですね。その他にも請求書や納品書も証憑書類です。

この証憑書類。これは証憑書類ですよ、と認めてもらうには一定の要件が必要です。
具体的には次の事項が記載されている必要があります。

1.相手方の氏名又は名称
2.支出をした年月日
3.支出の内容(詳細に)
4.支出をした金額

この4つの要件を備えていれば、出金伝票が正式な証憑書類として効力を発します。

公共の交通機関での移動などが多ければ、当然それだけ節税にもなりますね。
例えば、月に2万の領収書が出ない支出であれば、2万×12月=24万。
仮に税率が30%だとしたら、7万2千円の節税です。
節税というより、当然に経費となるべきものなので、税金が安くなって当然ではありますが・・・

この出金伝票、100均や文具店に売っています。
領収書が出ないから経費とすることをあきらめていた方は、ぜひこの出金伝票を作って経費を生み出すことをお勧めします。