読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

オンってなに?オフってなに?そんなものいるの?

オンとオフを大事にしよう!

 

とはよく言ったもの。

 

オンがあるからオフがある。

 

じゃあ、


オンって何だろう?
オフって何だろう?

 

そもそも、


生きている間ずっと血の通っている人間に
オンもオフもあるのだろうか?

 

オフになれば死んでしまう。

 

f:id:everydayrunchange:20160701000344j:plain

仕事モードがオン。

プライベートモードがオフ。

・・・ということだろうか?

 

オンがあるから、オフも必要。

 

なぜオフが必要なのか?

 

気持ちをリセットするためなのか?

 

いったんオンの時の行動を落ち着けて
休むためなのか?

 

もし仕事がオン状態であるならば、
その仕事を本当に愛せているのだろうか?

 

本当に愛していることであれば、


おそらく、


オンもオフもなく、


生き続けているのと同じように


血が通っているのと同じように、


気持ちが入った状態が続いているはず。

 

私は、
仕事を愛しているがゆえに
やりたいことがたくさんある。

 

家族との時間がオフなのではないか?


と聞かれると、そういうわけでなく、


家族といる間も
100%家族と向かい合ってはいるが、
誰かの姿をそこに移すことが多い。

 

家族を愛するがごとく、
関わる人を想い、
逆に
関わる人のことを想うがごとく、
家族を愛する。

 

そこにオンとかオフとか
そういう次元の世界はない。

 

限られた80年程の人生。

 

オン・オフなどという上辺のことだけを
考えずに、


常に
血の通った生身の人間
として、
力一杯生きて生きたい。