あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

坂爪圭吾さんのお話会より・・・『打算か愛情か。』

濁った水には
誰も浸かりたくないだろうし、


濁った水自身も、
自分自身が濁っていることに
気持ち悪さを覚えているのでは
ないだろうか?

 

 

逆に
濁りなくキレイな水には
ずっと浸っていたいし、


濁りない水自身も
きっと自分自身が心地よいのでは
ないだろうか?

 

f:id:everydayrunchange:20160630000222j:plain

 

坂爪圭吾さんのお話会。

 

 

 

「結局、人は結婚する時、
打算か愛情かで決めている」

 

そんなお話があった。


少しでも、
自分の気持ちに偽りがあれば、


それは濁っているということ。

 

『彼女ももう年頃だし、結婚しないとな』

 

これは、愛情があるにしても、
結局は濁っているように思う。


打算か愛情か。


ここでいう

愛情は
純度100%の濁り一つない状態のこと。

 

そんな風に受け取れた。

 

純度が100%でないと、
自分自身が気持ち悪いはずだし、
そんな状態で、
誰も愛することはできないだろう。

 

もし愛しているつもりだとしても。

 

 

簡単なようで意外とできていない。

 

 

これは、私が坂爪圭吾さんのお話会で
坂爪さんに質問したことだが、

 

「前までは、
子どもの面倒を見ながら、
仕事の心配をしていて、
70%位しか子どもと向き合えてなかった。

 

そして仕事も同じく70%の力でしか
向き合えてなかった。

 

そのことを子どもは敏感に感じていて、
嫌な気持ちに。


嫌な気持ちのまま過ごすことなんてできず、
親である私の言う通りに動いてくれないため、
なんか私がイライラ・・・

 

でも、
これを子どもといる時間は100%子どもに
意識を向けることにした。

そして、仕事の時間もまた100%集中してやるように
試みた。

 

すると、
不思議と子どもがニコニコして、
家庭が明るくなったし、
私も全力で子どもと同じ視点にいるので、
何が起こっても笑って見ていられる。

 

そして、仕事の効率も増した。

 

・・・これでいいんでしょうか?」

 

 

と質問。


坂爪圭吾さん「答え、出てるじゃないですか。」


会場は爆笑の渦包まれたわけだが、
私は話しながら、


この100%の行動を取っていることに
対する正しさを知ることができた。


打算か愛情か。


突き詰めると、
何かを決める時、
全てはここに落ち着く。


仕事にしても、
お客様のことを100%想い、
全力で取り組めているか。


もし100%取り組めないとしたら、
それはなんでだろう?


もしかしたら、
お客様と自分の温度感が合っていない
のかもしれない。


もしかしたら、
その仕事自身に愛を持っていないのかもしれない。


少しでも
気持ちに濁りがあるとすれば、
それは打算となる。


自分がどうありたいか。


私は、
どう考えても純度100%の
濁りなき水でいたい。

 

少しでも打算的なことを考えると、
気持ちが落ち着かないし、
態度にも表れる。

 

相手もそれを察知して
きっと嫌な気持ちになるだろう。

 


打算か愛情か。

 


何か迷いが出てきたとき、


その想いに濁りはないか?
純度100%か?

 

そんな当たり前のあるべきことを、


一つひとつしっかり考えて


動いてみたいと思う。