あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

類が呼んできた友がつながり、大きなアイデンティティに。

類は友を呼び、
その友の群れは
大きな個性になる。

 

昨日は、ランチ会へ。


このランチ会、

すごく精力的に動く方からお誘いを受けたもの。

 

どんな人たちがくるんだろう?

とドキドキ。

 

行ってみると、
みんな同じく少し緊張した感じではあったが、
すごく表情が柔らかくて、いい感じ。

 

なんというか、


私にこのランチ会を紹介してくださった方の、
温かく、優しい感じ。

 

オーナーさんの、

柔らかく、でも強い信念を持った感じ。

 

そんなカラーの方々が集ったような
会になっていた。

 

もちろん、一人ひとりは性格も違い、様々。

 

でも、


なんとなく心の中は
みんな温かく、優しく、


それぞれが信念をもっていて、
大きな意味では同じ。

 

このランチ会全体が、
一人のひとであるかのような、


素晴らしい個性を持った集団

f:id:everydayrunchange:20160627063141j:plain

であるように感じた。

 

自分と同じような人だから、
打ち解けるのも早いし、
話しやすい。

 

話していて心地よい。

 

結局のところ、

 

類は友を呼ぶ。

 

そして、

 

その友がさらなる友を呼ぶことになると、


少し青が水色になるかのように


薄くカラーが変わっていくが、

 

それはすべて大元の青から派生したもの。

 

だから心地いいんだろう。

 

でも、
違うお仕事をしている人ばかりだから、
いろんな話も聞ける。

 

そして、
違う業界の話ではあるが、


結局のところ、


自分と似た温度感の人たちだから、
ヒントを得られることも多い。

 

昨日はランチ会を通じて、

 

類が呼んできた友も、

やはり同じ想いを腹の底にもっており
すごくいい!

 

そんなことを思った。