読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

今こそが最高のタイミング

朝勉強、昼から実家へ。

 

昨日は実家の愛猫ちぃの葬儀の日。

 

葬儀は午後からだったから、
朝はしっかりスタバで勉強。

f:id:everydayrunchange:20160619100935j:plain

 

昨日行ったスタバは行ったことがないとこで、
たまたま実家のある北九州の関係で、
移動しやすい店舗へ。

 

かなり広い店舗。
1階で注文し、
2階,3階でコーヒーが飲める。

 

早速コーヒーを注文。

 

私「アイスコーヒーを」

 

店員さん「本日のコーヒーは2種類ございます」

 

ほぅ。

 

私「どう違うんですか?」

 

店員さん「こちらは、季節限定のコーヒーで、
フルーティーな風味がサッパリと。
こちらはグァ$'#%でかなり濃いコク#%&!・・・」

 

不覚にも、急に睡魔に襲われ、
もう1杯のコーヒーのことが聞き取れなかった。
でも、
一生懸命説明していただいているのに
聞き直すのもはばかられ、

 

私「季節限定ので」

 

と注文。

 

〇〇限定はマジックワード

 

私はこれに弱く、だいたい買ってしまう。

 

最近は肩こりがかなりひどい。

 

季節限定のシップ!

季節限定の肩もみ

 

・・・なんていう商品があったら、つい買いそうだ。

 

 

スタバで小一時間ほど過ごして、
北九州に向かうため、席を後にする。

 

・・・視界にハエが入ってきた。
ブンブン飛んでいる。

 

いや、ハエじゃない。
動いているのは人の手。

 

??

 

よく見てみると、
保育園のお母さん(!)

 

私「おはようございます!何やってんですか~?(^^)」

 

お母さん「今日は少し時間がとれたのでお酒の勉強を(^^)」

 

私「すごいですね~!意欲的!」

 


このお母さんはすごくいろいろなことを
チャレンジしていく方で、
フラッと留学してみたり、田舎に住んでみたり・・・

 

もっとたくさん話したかったが、
私も移動のため急がないといけなかったため、
そそくさとお店を出る。

 

 

そして今度は北九州へ。

 

18年間生き抜いたちぃの姿を目にする。

 

母から聞いてはいたものの、
右頬の毛は老衰のために剥がれ落ちていた。

 

手足の色も変わってしまい、
2週間程前に会ったちぃとは

もうかけ離れていた。

 

最期は、
病院で、眠るように逝ったとのこと。

 

今まで苦しかったけど、
本当によく頑張ってくれた。

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

それしか言葉に出せなかった。
感謝だけ。

 

そして、
最期まで一緒にちぃと一緒にいた母に感謝。

 

「ちぃは、本当に幸せ者だったね。」

 

二人で涙を流しながら話した。

 

今はきっと、


虹の橋で、
ちぃはニコニコ笑いながら、
お友達との再会を果たしているだろう。

 

20年程前の
台風の日に
姿を消してしまった
私たちの家族のネコ、
みぃとも
会えていたらいいな。

 

そんなことを思う。

 

辛い想いを耐え、


火葬。

 

 

ちぃは骨になった。

 

すごく立派な骨だった。

 

強くたくましい

最期の最期まで、
しっかり自分の手足で立って生き抜いた

 

そんな力強さを思わせる
真っ白でがっしりした骨。

 

本当によく頑張ってくれた。

f:id:everydayrunchange:20160619101224j:plain

火葬が終わり、
線香を手向け、
手を合わせる。


ちぃは虹の橋へ、
天国へ渡った。

 

命の大きさ、


命のはかなさ、


今ここにある
自分の命の大切さ、


命の価値、


命を守るべき


命を全うすべき

 

 

そんないろいろなことを、
ちぃの姿を見て思わされた。

 

私の尊敬する中村文昭さん
おっしゃっていた。

その中村文昭さんのご師匠である
田端さんがおっしゃっていたということ。

 

「いいか。しっかり見とけよ。
親は良くも悪くも、自分にとって最高のタイミングで死んでいくんだ。」

 

このお話は親の死、命について語られたものであるが、


全ての命について共通のことだろう。

 

ちぃがこのタイミングで天に旅立ったこと。

 

少し前に
私たちに3人目の命が宿ったことを知ったこと。


そして、
今その3人目の子が、
とても苦しい状況の中で
必死で生きて生まれようとしていること・・・

 

そんなことが私の前で起こっている。

 

でも、


これもきっと最高のタイミング。

 

いろんなことが、


命の貴重さ、
そして、
この世に生きているということの宿命、
全うすべきこと、

 

そんなたくさんの意味のあることを、
奥深くから教えてくれている気がする。

 

魂が震える思いがする。

 

今日、朝会ったお母さんからも
『オレももっとがんばらんと!』
という熱い想いをいただいた。

 

そして、


ちぃの旅立ちを目の前にして、


3人目の子のことを思い、

 

また気持ちを新たにできた。

 

 

今こそが最高のタイミング

 

であるし、

私が思うに、

 

今起こっているすべてが、
正しき運命。

 

きっと何か意味のあること。


だから、

 

命ある限り、

 

目の前のことに
全力で魂をぶつけたい。