あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

先延ばしの見えざる損失

トイレに入る。

 

水を流し、ふと後ろの水の流れる蛇口のようなとこ(?)に目をやる。

 

・・・なんかみどりいろ・・

 

ん?コレ、もしかしてカビ??

 

・・・そう、カビだった。

 

そのほかのとこは徹底的に掃除していたのに、
ここだけ手抜かりがあった。
この手抜かりに早く気が付けばよかったものの、
おそらく3ヶ月は放置してしまっていたかも…

 

『少しずつでも磨いてたらなぁ…(T_T)』


う~ん、後悔・・・

 

 

 

今日は、定期的に訪問させていただいている企業へ。

 

この社長がすごくまじめでいい人!
物腰がとても柔らかく、笑顔もさわやかで、
一緒にお話させていただくのがすごく気持ちいい。

 

ただ、難点が・・・
お仕事が忙しすぎて、
経理などの雑務に手が回っていない・・・

 

しかも今月は申告月!
4月決算の会社なので、その2ヶ月後であるこの6月が
決算の申告をする月となる。


・・・もう逃げられない状況で、タイムリミットが刻一刻と…(^^;

 

毎年このタイミングで話が出ること。

 

「いやぁ、いつもちょこちょこやってればですね~(^^;」

 

・・・そうなんです!その通りなんです!

 

でも、やらない。というかやれる時間がとれていない(?)。

 

やれる時間がとれない。
本業が忙しくて手が回らない。

 

理由はいろいろあるかもしれないが、
その結果・事実はただ一つ。

 

経理ができていない(!)

 

私の感覚では、
毎日ちょこちょこやる経理の仕事は、
おそらく5分。もう少しかかったとしても10分程度。

 

もちろん、わかっていてもやれないもの(^^;
かつての私がそうだったからよくわかる・・・

 

これは、誤解を恐れずに言うならば、


『先延ばし癖』


に他ならない。

 

このお陰で、
3ヶ月も前の資料を整理し、
経理の仕事をすることになる。

 

・・・もちろん、そんな前のことは覚えていない。


思い出そうとしても、思い出せない。
2日前の晩御飯でさえ、すぐに出てこないもの(^^;

 

単純に考えれば、
5分で終わる一日の仕事を仮に3ヶ月(90日)分やったとする。


すると、


5分×90日=450分。

 

さらに、これに思い出す時間がかかる。


資料を遡って探したり、銀行に取引の確認をしたり(^^;

これがひと月当たり、
1時間かかったとするならば、


単純計算で、

 

1時間×3ヶ月=3時間。

 

トータルで450分プラス3時間(!)


この3時間。
本来必要なかった時間である。

 

悲しいことに、
一番の稼ぎ頭である社長が、
この無駄な3時間を浪費する。

 

仮に、
社長の時給を一時間当たり、7,000円程で考えてみる。
営業などで一番仕事をとってくるのは、社長。
実際はもっと高い時給になるはず。

 

7,000円×3時間=21,000円。

 

21,000円の機会損失をしていることになる。

 

そして何より、

ストレスがたまる!!

 


先延ばしがいかに悪いものか、
こうやって数字にしてみるとよくわかる。

 

今すぐ、
先延ばしなどという悪しき習慣は
断ち切ってしまおう!

 

今こそそのタイミング!