読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

あえて時間に追われること

今日は知人の方との食事会でした。
 
この食事会、昨日急に決まったもの。
 
夜からだったのですが、
どうしてもこの日でないと
お互いに都合がつかないため、
お互いになんとしてでも
今日食事会を実行したいとの想いでした。
 
・・・ということは、今日は残業できません

残業していてはとても間に合う時間ではない。
 
では、残業しないためにはどうするか?
定時の時間までに、仕事を片付けないといけません。
・・・当然ですよね(^_^;)

では、どうやって定時に片付けましょう?
 
とにかくがむしゃらにや って、
片っ端から仕事を片付けていく?
 
体育会系で何とも勇ましい(!)

ですが、
おそらく不効率ですよね(^_^;)

そこで私は、
仕事を時間内にやっつけてしまわないといけないときは、
 

①優先順位をつける

②分単位で予定を刻む
 
という行動をとっています。
 
まず、①の優先順位をつけること。
これは、仕事の中には納期があり、
または、取引先との関係上、
早めに仕上げないといけないこともあるなど、
先に手を付けるべきものを
事前に把握するということです。

次に、②の分単位で予定を刻む。
これは、以前 から書いている「締切効果」のお話。
人間とにかくゴールを決めていれば頑張れるもの。
これを分単位で決めていきます。
 
例えば、
A社の伝票入力 9:00-9:15
B社の決算処理 9:15-10:45
といった具合です。
 
私がやっていることは、

できるだけキチキチに予定を詰める

ということです。
 
 
論として、
「時間には余裕を見て予定を組みましょう」
といったものもあるかと思いますが、
予定を決めてしまうと、
その予定が頭に入ってしまい、
例えば9:30までに出来る仕事も、
10:00というゴールを設定してしまうと、
自然と仕事が終わるのも10:00になってしまう
ということです。
 
要は、出来るだけ前倒しで予定を組むことによって、
「その時間までに終わらせないといけない!」
という焦燥感、切迫感、適度な緊張感
をもって仕事をすることになります。
 
また、この締め切りを設けることで、
時間までに終わらせよう!という
強烈な集中力までも生まれます。
 
ある意味ゲーム感覚も感じれますので、
自然と、楽しみながら課題をこなしていく感じですね。
 
ということで、
効率の良い仕事をするには、
 
①優先順位をつける

②分単位で予定を刻む
 
ということを意識してやってみるとよい結果に
繋がるかもしれません。
ぜひあなたも実行してみて下さいね。