読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

本気で向き合うからこそ熱い関係が生まれる。

今日は仕事が終わり、まっすぐ家へ。


というのも、明日は健康診断。
今日は夜9時までにご飯を食べないといけなかったのです。

 

いつもなら、仕事が終わって人に会う。
人に会えなければ、カフェにこもって何らかの学びの時間。

 

でも今日はご飯の時間が迫っていたため、
久しぶりに家へ直帰しました。

 

なかなか平日に早く帰ることもないので、
子どもたちも大喜び(^^)
今日はがっつり子どもたちと触れ合おう、
と決めて家に帰りました。


さすがに子どものエネルギーはすごい…
いつも頑張ってくれている妻には頭が上がりません(^_^;)

 

子どもたちとがっつり触れ合う、と書きましたが、
この「がっつり」っていうのが本当に大事なんですね。

 

子どもの感覚は研ぎ澄まされていて、
少しでも中途半端な気持ちで子どもと向き合おうものなら、
「おとうさん、おはなしきいてる?」
「おとうさん、ちゃんときいて!」
など、痛いところを突いてくるわけです…

でもがっつり触れ合った今日は、
満面の笑みです。
我が子ながら、そんな笑顔がかわいくてなりません。

 

 

ただ、このこと、
子どものみならず、大人にも言えます。

 

例えば人と話している時、
仏頂面で話を聞いたり、他のことを考えたり。
こんな態度で人と話していたら、
相手は嫌になるでしょう。

 

子どもであっても大人であっても、
人と真剣に向き合うということは、
すごく大事なこと。

 

私も人と会うときは、
全力で相手に向き合います。


全力で話を聞くから、
うなずき方も大きくなるし、
本気で意見をぶつけ合うことができるのです。

 

そんな姿勢に相手からも感謝していただけているように
思います。

 

これは、子どもから学ばされたことでもあります。

 

人と会う前には、
何らかの方法で、

自分をリセットして、
人と本気で向き合う姿勢を作る習慣があるといいですね。

 

「原点に立ち返る」

ということは、
いろんな物事において、すごく大事なことです。