あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

メロンパンの網目はウラかも?

今日は関東に住む方とスカイプでお話させていただきました。


自分を変えよう!と思い、日々動いていると、
こんな風にありがたいご縁が生まれます。
私などとお話したいと言ってもらえることは、
すごくありがたいことです。

 

さて、今日は英語についてのお話でした。
その方は英会話に関する事業を行おうとしている
という事でした。
そこでいろいろ英会話に関するお話をさせていただきました。

 

話の中で、
私を含め、多くの人は、ネイティブの先生に
英会話を習いたがっているというお話が出ました。

 

私自身、やはりネイティブの先生に習いたいと思っていました。

 

ところが、その方がおっしゃるには
「必ずしもそうではない」
とのことでした。

 

大切なのは、
自分の母国語以外の言語を話すことができるかどうか
であるとのことでした。

 

もし、その英会話の先生が母国語以外の言語を話すことができるならば、
(たとえば、英語を教える先生が、ポルトガル語や中国語を習得しているなど。)
その先生は、語学学習のプロセスをきちんと理解しているとのこと。

 

そのプロセスを理解している先生から学ぶ方が、
圧倒的に効率的だ、とのこと。
ネイティブかどうかは問題ではないですよね~、とのことでした。

 

私は単純に目からウロコでした。
ネイティブの先生がいいに決まっていると思っていましたので(^_^;)

 

さて、このことはもちろん目からウロコで驚きだったのですが、
もっと大事なポイントがあります。

 

それは、


自分の中の常識が誤っていたということ。

 

具体的には、
英会話はネイティブの人から習うのがいいに決まっている!
という勝手な思い込みです。

 

でも、実際はそうじゃなかったわけですね。

怖いですよね、思い込みって。

メロンパンの表は網目の方だろうと私は思います。

でも、本当は網目が裏かもしれないわけです。


何が怖いって、自分では気づけないということです(^_^;)
私もこうやってスカイプをしていなければ、
一切気づいてなかったわけです。

 

こういうこともあって、
私は常に自分を変えようと動き回っています。
自分の常識をとことん変えていかないといけない。
もっと言えば、

自分の常識という勝手な壁を全て壊さなければならない。

 

こういう壁が壊れた瞬間に触れると、
「動いていてよかった!」
と心より思います。