読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

隣人を愛することの大切さ。

今日も地震が続いています。
それでも、福岡は昨日に比べるとだいぶ落ち着いてきました。

先日も書きましたが、
お店ににいた時、
お店中の携帯から警報が鳴り響き、
店内も騒然としていました。

そして、昨日深夜1時から3時頃、
そしてまた今日になっても昼過ぎに
警報が鳴り響きました。

特に深夜は、
この無機質な警報の音に驚き、
本当に心臓が止まりそうになります。

私自身、今こうやって書いている最中も
「今度はいつ鳴るんだろう?」
と心配でなりません。
心配というより、恐怖という方が近いかもしれません。

なんとなく、夜なのに部屋中の電気をつけっぱなしにしていたり、
警報とは関係ないところで、
なぜか怯えている自分がいます。

ただ、

この不安な気持ちは変えることができます。


何をもって変えることができているのでしょう?
それは、
「私の周りの人」の存在

です。

家族はもちろん、家族のように近しい人、友人…
こんな大切な人たちがいてくれるおかげで、
その存在だけで、不安というものは軽減されます。
周りの人たちが本気で自分のことを心配してくれるのです。
こんな瞬間に触れると、表現しようもない感動と喜びが湧き上がります。

 

こういう時こそ人の力ですね!

 

ただ、この「人の力」は、
今まで自分がどれだけ家族を含め他の方々を思いやり、
その人のことを気にかけていたか、
ということと密につながっている気がします。

 

仮にですが、
家族や他の人に対する感謝がなく、傲慢で、
自分のことしか考えていないような行動ばかりを
とっていたならば、どうでしょう?

 

困った時や不安な時、
周りの人は助けてくれるでしょうか?

 

答えは言わずと知れた「NO」ですよね。

 

ギブアンドテイクとはよくできた言葉で、
人に対する感謝や思いやりをもって、
その人に与えさせていただいたたから(というとおこがましいですが)こそ、

自分にそれが跳ね返ってくる
ということはすごく理にかなっているように思います。

 

 

そして、、、
今福岡よりも・・・熊本の方が大変な状況になっております。
熊本には多くの大切な友人がいます。

 

 

その友人たち、、、
今は車の中に泊まったり、避難所で生活していたり…
本当に大変な状況です。

 

 

私の不安は人の力によって軽くなりました。
与えられました。
心より感謝です。

 

今度は、、、
私が恩返しする番です。
家族や福岡の大切な友人たちへの直接の恩返しでなく、
今回は、
熊本に住む友人をはじめ、熊本で被災された方へ
間接的な「恩贈り」をさせていただきます。

 

こんな時こそ、人の力が必要。
人は支えあい、助け合い生きていくもの。
私も微力ながら、他の人のお役に立ちたいと思っております。

 

恩返しと恩贈り…
自分が与えられた分、他の人にも贈る。
こんな幸せの伝播が果てしなく続けば、
きっと世界は平和になるはず。

 

今こそ、みんなで支えあいましょう。