あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

相手も血の通った人間だもの・・・

仕事をしていると、実にいろいろな方と出会います。
十人十色ですごく楽しいことも多いのですが、
すこしマイナスな空気の方とお仕事をすると、
少し嫌な気持ちになったりします。

例えばですが、
明らかに、以前何度も話してお互い納得した話を、
聞いてないような素振りをされ、
嫌味な感じで話されたりすることがあります。

そんな方々に共通することは、
私たち、サービスを提供する側を
「ただの業者」
と見ていること。

この
「ただの業者」
という言い方自体、あまりよい響きではないのですが、
確かに私たちはお客様にとっては業者です。

でも、
その業者だって、血の通った人間です。

発言・行動する前に
ぜひそのことを少し立ち止まって考えてほしいものです。

確かに業者だから、お客様に対しては
よっぽどのことがない限り、反発しません。

ただ、対ひとりの人間として見るとどうでしょうか。

そんな人とは二度と会いたくないですよね(^_^;)

私はそんな人と触れ合うたび、
どうしてそんな簡単なことがわからないのか、
と、ひどく悲しい気持ちになります。

人の嫌がることはしない。
何かをする時は、相手の気持ちを考えてしなさい。

などと言うことは、子どもの頃から教えられてきたはず。
それが、いち会社の社長ができていないというのは
いかがなものでしょうか?(^^;)

全く同じサービス、全く同じ価格、
距離もほぼ同じ・・・
そんな2社があったとすると、最後の決め手はなんでしょう?

おそらく、
その会社の人
ではないでしょうか。

結局は、その人からモノを買いたいか、
サービスを受けたいか、
に尽きると思います。

もっと言えば、
たとえ高くても、
その人のことを好きであれば、
その人から買うことになると思います。
少なくとも、私はそうです。

きっと、相手を「血の通っていない業者」などという目で
見ていると、
その業者は間違いなく心が離れます。

はっきり言っていいことなんてないですよね。
そこから悪い噂がたったりしたら、
経営が厳しくなってくることでしょう。

相手のことを常に思嫌る姿勢。

これは、
人づきあいはもちろんですが、
ビジネスにおいても
絶対に欠いてはいけない要素です。

私も
ここにしたためながら、
反省し、さらに人を思いやることに努めていきたいと思います(^^)