あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

自己紹介4 〜大人でも信用できるんだ、という気付き〜

書きかけていた自己紹介の続きです(^^)


話は前後しますが、税理士事務所に就職する頃のお話です。
私が小学生の頃に通っていた学童保育クラブがあるのですが、
そこの運営委員会から「会計をやってみないか?」
とのお誘いがありました。
そこから7年間ほど会計の職務を仰せつかることになるのですが、
ここでの経験が、それはまぁ良いものでした。

ここでの年間報酬は5万円(!)。
ほぼボランティアです(^^;;
それも会議が月何度かあり、
深夜まで及ぶことも少なくなかったのです。

会計となり3年ほどした頃でしょうか、
だんだんと内情が分かってきました。
なんというか経営のあり方がおかしいなと思ったんですね。
誰がどう考えてもおかしいなと。
会計というお金を扱う職であったから、わかったことでした。

そこで、そこの長であった人に反発したわけです。
その日から、その長の目が変わりました。
「アイツ(私)は敵だ!」と(^^;;
すると、その長側の人は、私のことを敵対視。
明らかに態度が変わりましたね〜。
それはもう辛かったですね。一時期独りぼっちになりました(^^;;
それも、私が当時25歳位。
その他の人は40〜70代の方々でしたから、
その重圧感は半端なかったですね(笑)

そこで、とある方に相談しに行きました。
その方も運営委員会に関わっていらっしゃって、経験の長い方。
もう行き詰まってどうしようもなくなり、その方に相談に行ったのです。

すると、
「やっと気付いたんだね。わかっている人は、みんなあそこから離れていったんだよ。」
ということを言われました。

その方は、私が会計を続けて3年間、
じっと我慢して私が気付くのを待たれていたのです。
「自分で気付かないと、誰が何と言おうとわからないからね。」
とのこと。
すっごく救われたのを覚えています。

歴代の会計をされてきた人は、そんな経営の内情を知り、
嫌になって辞めていったとのことでした。
すごく気持ちがわかりました。
なんせ、私が「もう辞めたいです」というつもりで相談に行きましたので(^^;;
でも、その方のそのお話から、私の気持ちは燃え上がりました。
「絶対に負けない!!!」と。
そして、実際、別の事情があって辞めることとなる4年間(計7年間)、
会計を務め上げました。

そこには大きく変わったことが、多くありました。
すごく印象深かったことが、けど
その長側についていた人が、私が負けずにガンガン関わっていくのを見て、
その長がおかしいことに気付き、一人、また一人と次々に私の味方になってくれました。
書くと簡単なのですが、そこには文字通り血も混じるようなこともありました。
それ程、ドス黒い世界だったのです。

でも、そこからの本物の出会いがありました。
お金のことを抜きにして、その学童保育クラブの運営のことを本気で考える仲間。
仲間といっても、人生の大先輩ばかりで大変恐縮なのですが(^^;;
この方たちとは、今でもお付き合いがあります。
夜通し話し合ってきた、利害関係の全くないすごく濃密な関係です。
今や私の宝物のです。

この頃から、
「大人でも信頼できる人っているんだ」
ということを、自身の体験を通じて、感じ出すことになります。
大きな大きな7年間でした。

長くなりましたが、このことを抜きにして今の私はないので、
語らせていただきました(^^)