あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

個人・法人の目に見えない違い

昨日に引き続き、個人か法人かのお話です。

 

単純な話ですが、あなたは物を買うとき、
一方は個人がやっているお店、
もう一方は法人がやっているお店…
といったケースがあるとすれば、
どちらから買いますか?


いろいろな感情はあるかもしれませんが、
ここは純粋にただ、個人事業者か法人かの違いとだけ
考えて下さい。

 

どうでしょう?

 

私だったら、やはり法人でしょうか(^^)


なんとなくですが、「㈱」や「㈲」がついていた方が、
力強さを感じませんか?

 

この力強さ、どこからきてるんでしょうね?

 

なんとなく、法人が偉そうでしょうか?(笑)

 

昨日のブログでも書いたように、
法人は登記をしたり、認証をしたり…いろいろ手間がかかります。
また、それに伴う費用も多くかかります。

 

言い換えれば、
そんな手間や費用を使ってまで、
法人を作った店主なのです。(上のお店の例でいくと。)

 

いわば、覚悟をもって作られたのが法人なのです。

法人というだけで、知らず知らずに力強さを感じるのは、
こういった背景からではないかと思います。

 

私たち一般の消費者からの視点もありますが、
大企業はそもそも法人としか取引をしない、といったケースも
多くあります。

 

法人なので、登記もされているし、安心感がありますよね(^^)
これが逆に個人だと、どこの誰かもわからない。
そのために調査をするのも大変。
だったら、形があることが間違いない法人を選びますよね(^^)
大企業では、そこの調査の手間はコストはまずカットでしょう(^^;)

 

といったように、
個人と法人では、このように目に見えない部分での差異というものがあります。

 

あなたの業態やこれからの展望を考えると、どうでしょう?

 

こういった部分も視野に入れて、ぜひ考えてみて下さいね!