あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

個人と法人の設立費用

さて、本日は起業しようとされている方へ向けて、
起業の仕方といった内容について、書いてみます。

 

【個人と法人どっちにする?】

 

起業とするに当たり、まずは方向性を決めないといけません。


自分で起業するともなると、いたるところで方向を決めていかなければ
ならないことが多く出てきます。


起業するときにまずぶち当たる最初の壁は、


「個人事業者として開業するか、法人として開業するか」
ということではないでしょうか。

 

今日は設立費用からのお話。
結論から言うと、

 

個人…0円


法人…最低25万円程度

 

といったところでしょうか。

 

個人事業者の場合、設立に伴い外部に支払う費用は一切ありません。
「個人事業者始めますよ!」ということを、
税務署に対して手を挙げればいいだけです。

 

一方法人はそうはいきません。
個人とは逆に、外部に支払う費用が出てきます。
法人とは呼んで字のごとく、
「法の下の人」
なのですから、認めてもらうには個人事業者と比べ、多くの手続きが必要となってきます。

 

今日は詳細な内容は割愛しますが、
ざっと25万円程度です。

 

以上が、設立に当たっての費用面からみた比較でした。

個人事業者は誰にでもやれるイメージですよね(^^)

 

でも、法人はお金がかかるので、ある程度覚悟を決めた人が
作るものですよね(`^´)

 

続きはまた後日。