あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

相手に対して寛容であること

おはようございます。

久しぶりの休日、車を運転しました。
私たちの家族は、車を使うのが月1,2度なので、
車を持つよりレンタカーやカーシェアリングを使います。

ほとんど運転しないので、
毎回の運転が初心者のような感じ(^_^;)
ゆっくり慎重に運転するわけです。
子どもも乗ってますし、ますますビクビク…

そんなふうに運転していると、
バイクが一台結構なスピードで、ビュン!と
私たちの車を追い越して行きました。


そして、前の車に接近。
前の車が少しブレーキを踏むと、
そのバイクがクラクションを鳴らす…


そして、信号待ちで前の車に回り込み、
なにやら文句を言っていました。

 

確かにぶつかりそうだったので、
危ない状況。
でも危ない状況を作り出したのは
バイクを運転していた本人です。

 

こんなことすると、
文句を言ったバイクの人はイライラ…
そして、
言われた方も怖くて嫌な気分…


そしてこの不安定な気持ちのまま
運転していくと、
それこそ本当の事故になりかねません。

 

 

私のお客様にも、
残念ながら

こういう方がいらっしゃいます。


私のする仕事に対して
何かしら文句を言ってくる。
(私は文句を言われるような仕事はしてません(^_^;))
そして、値引き交渉、またネチネチ文句…

こんなことをしていて、
相手の人はどんな気持ちなんだろう?
と思ってしまいます。
嫌な気持ちではないのでしょうか?
私は少なくとも嫌な気持ちです。


この方とお仕事をするのが嫌になります…
お互いに嫌な気持ちで仕事をして、
それがミスにつながり…
と考えると、
やはり、悪いことしかない気がします。

 

イライラしないこと、
そして、自分の前に起こることに対して、
常に寛容でありたいものです。

 

お互いにとって、その方が幸せなはずなのですから。