あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

水木しげるさんに学ぶ感動させる力

偉大な漫画家

水木しげるさんが

お亡くなりになった。

 

私は小学生の頃、

土曜日の夕方に

ゲゲゲの鬼太郎を見るのが

大好きだった。

今でもあの時のワクワクは

忘れていない。

 

www.asahi.com

 

水木さんは、

自身の体験をもとに

現代社会に

メッセージを

投げかけていたようだ。

 

ただ描いていただけでなく、

競争に疲れている子ども達、

自然破壊をしている

現代文明・・・

そんな相手に対して

痛烈なメッセージ

与えていたようだ

 

f:id:happybirdde17:20151201051700j:plain

そんな

水木さんの想いが、

多くの人の共感を呼び

とても愛される作品に

なった

のかもしれない。

 

この記事を読んで、

すごく胸が熱くなった。

 

 

週末に、

経営の勉強会に参加してきた。

 

土曜なのに 

多くの方が集まっていて、

皆さんの意識の高さに

驚かされた。

 

その中でのお話。

 

「仕事 = 自分の力 × 相手に感じさせる力」

 

であるとのこと。

 

f:id:happybirdde17:20151201051957j:plain

 

世の中には

多くの職種がある。

あなたももちろん

その道の専門家として

活躍されていることでしょう。

 

どんな仕事でも

お客さんがいる。

 

弁護士なら相談に来た人、

飲食店なら食べに来てくれる人、

新聞記者だったら購読者

など・・・

  

仕事で自分の力を出すのは、

普通のこと。

 

それを超えて、

相手にとって

自分のしたサービスが

本当によかったかどうか

がいちばん大事なこと。

 

では、

相手に本当によかった

と思ってもらえるようなこと

というのは、

どんなことでしょう?

 

例えば、

マスター一人だけで

やっている飲食店

のお話。

 

 

①「この料理美味しいよね~!」

 

②「この料理美味しいよね~!

    マスターもよく気が付いてくれて

       感じがいいし!」

 

 

①は料理人が「自分の力」

を発揮した状態。

 

・・・これって

当たり前のことですよね。

飲食店で

料理が美味しくないって

そもそも問題ですし。

 

②はそれに加えて、

お客様が

感動している状態。

 

この感動している

ということが、

自分のしたことで

「相手に感じさせる力」

なのです。

 

f:id:happybirdde17:20151201052337j:plain

もっと言えば、

 

相手を感動させることが

できなければ、

それは仕事とは

言えないのではないか。

 

ということです。

(あくまでも、私の個人的な考えです)

 

水木さんは

自身の体験や想いを
漫画という形で表現し、
多くの人に感動を与えています。
 
水木さんは
そんな多くの人を
感動させる
世界に誇るような
仕事をしてこられた
 
のではないでしょうか。
 
私は心よりそう思います。
 
社長として
水木さんのような
熱い想いをもって、
人を感動させる
ような
仕事に取り組んでいき、
 
その社長の想いを
従業員ともみんなで共有
していきたいものですね。
 

f:id:happybirdde17:20151201054150j:plain

 
偉大なる水木しげるさんに対して、
謹んで哀悼の意を表します。