あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

スタバの地域密着に学ぶ

昨日の日経MJ

こんな記事が載っていた

 

スタバ

f:id:happybirdde17:20151124102554j:plain

出店が少なかった住宅地向けに、

メニューやサービスなどを

より地域に溶け込むように

作り込んだ店にする

スタッフは

制服ではなく

私服で接客するなど

家にいるような

居心地の良さも出す

(中略)

内装は木材多用し

暖かみのある

自宅のリビングにいるような

イメージに仕上げた

 

とのこと

 

アットホームで

温もりのある

そんなお店を目指してるんだろう

 

f:id:happybirdde17:20151124103410j:plain

 

最近よく交流会に行き

いろんな人と話す機会がある

 

その中でお会いして

お話する機会が多いのが

保険の営業をされている人

 

よくあるのが、

交流会当日に知り合って

名刺交換

すぐ次の日に電話があり、

「お茶しませんか?」

そのお茶の場で

「保険入りませんか?」

(かなり極端な例ですが・・・)

 

f:id:happybirdde17:20151124103942j:plain

 

最近同じような交流会であった人

 

趣味の話や

日常の話

結婚の話や

価値観の話

いろんなことを話した

 

その中で

「お仕事なにされてるんですか?」

と私。

「仕事?保険の営業ですよ~」

と、サラッ

 

よくよく話していると、

その人は、

 

「知り合った人と

何気ない話をする

何度か会って話すうちに

悩み相談なんかに

なったりして(笑)

すっごく楽しいんよ~

そうしていると

「あなたから

保険に入りたい」

と言って下さる

ありがたいよね~」

 

f:id:happybirdde17:20151124104146j:plain

ここに

営業の神髄

が見て取れる

 

最初の人は

保険を

売り込んでいる

あとの人は

保険を

 

売り込まずして売っている

 

f:id:happybirdde17:20151124105437j:plain

 

人は結局、

人とのコミュニケーションから

その人のお人柄を感じ取り、

その人からモノを買いたい

という気持ちになっていくもの。

 

今回のスタバの記事に

そんなことを感じた

 

都会とはちがい、

地域にいけばいくほど

人との関わりを求めている

人が多いもの

 

その地域で

アットホームな雰囲気の

お店を作ろうとしている

 

世界のスタバ

そういうコミュニケーションを

大事にしている

ある意味の

コミュニティ

を作ろうとしている

 

f:id:happybirdde17:20151124105630j:plain

まずは相手との

コミュニケーション

 

あなたは

このことを忘れて

 

売り込んでしまってませんか?