あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

言葉の大切さ

こんばんは。

福岡の「幸せ発見隊長」ハッピーバードです。

 

ITが普及した最近では、連絡手段にメールが使われることも多いですよね。

メールがなかった頃は電話、または直接会って伝えることが普通でした。

手紙を書いたりということもあったでしょう。

電話や直接会うことは、お互いの声のトーンやものの言い方なので、

相手がどんな気持ちかが伝わりやすい気がします。

また、手紙であれば、筆跡の丁寧さなどで、相手の思いやりなどを多少なりとも感じることが出来ます。

メールはどうでしょう?

メールは誰が打っても同じ筆跡。そもそも筆跡などありません。

そして、活字なのでなかなか表現がしにくい。この表現を補助するものとして、よく絵文字や顔文字が用いられますね。

ただ、私の友人は全く絵文字・顔文字は用いないそうです。

何故かを聞くと、

言葉で伝えることが重要

言葉だけで相手を動かさないと意味がない

言葉はそれだけ重要なもの

だからとのことです。

私は振り返ると相手に誤解してとられるのが怖くて、絵文字・顔文字を多用しています。

でもよく考えると、小説などは言葉の在り方によって、読者を動かしていますよね。

それほど言葉というものは大切なのだということです。

 

自己アピールすることや、自分の会社の商品のよさを相手に伝えること。

何より大切なのはやっぱり言葉です。

言葉によって、そのものの素晴らしさが随分変化する気がします。

絵文字やイラストでは少しくだけてしまうイメージを持たれかねません。

また、使う言葉によって、その人の思い入れの深さも見て取れることでしょう。

 

絵文字を使うのは、現実逃避していることかもしれないな・・・

友人の話を聞いて、ふとそう思いました。

私はこれから日々の生活の中で、言葉というものを大切にしていきます。