あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

人に教えて完成!

こんばんは。
福岡の「幸せ発見隊長」ハッピーバードです。

 

変わり続けることが大事!

ということを以前の記事でも書いていますが、今日はそのお話。

 

あなたは新たなものに取り組もうとする時、何から始めますか?

まず、情報収集でしょうか。

本を読む、インターネットで調べる、知人に聞く・・・

そうした流れを経て、自分でやってみる。

というような感じでしょうか。

 

では、その新たなものに取り組んだ結果はどうでしょうか。

 

その取り組みによってキチンと成果が得られているか

 

が一番重要ですよね。

 

私も中高生の頃は勉強に取り組みながら、部屋の掃除をしてみたり、壁のシミを数えてみたり(-_-;)

かなりの問題児で、なかなか成果は得られてなかったように思います。

 

この成果の達成度合いを表すものとして、「ラーニングピラミッド」というものがあります。

まず講義などで人の話を聞く。この段階では定着率5%。

そして読書では10%。

グループディスカッションをすることで50%。

自ら体験することで75%。

 

そして、一番定着率が高いこと・・・

 

あなたは何だと思いますか?

(少し考えてみて下さい)

 

・・・

 

それは、

 

人に教えること

 

だそうです。

 

私自身、学生時代に塾講師のアルバイトをしたことがありました。

その中で、数学・英語・社会・・・どうやったら生徒さんにわかってもらえるだろう?

とよく悩んだものです。

いくら悩んでもタイムリミットは来るもので、講義の時間となります。

そうなると、どんな状況でも教えなければなりません。

でも自分の口で発して教えていくと、自分で

「あれ、オレって今こんなこと言ってる!」

といったように第三者的な感覚になり、それが自らの学びにつながります。

そのことがまた生徒さんの理解にもつながったりするので、実に面白いものです。

 

あなたは、何かに取り組もうとする時、情報収集のインプット・・・そこから進んだとしても、自分でやってみることで止まっていませんか?

普通だと自分でやって終わりでしょう。

 

でも、このように「人に教えること」の有用性が出ている以上、

ぜひ、何かに取り組むときは人に教えてみて下さいね。

きっと新たな発見がある事と思います。