あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

仕事への愛情

今日は前々回に引き続き、モノづくりの勉強会でのお話。

前々回はAppleiPodの開発者(言っちゃった(≧∇≦))

のお話をしましたが、
今日はソフトではなく、物のモノづくりのお話。

すごくイケてる一輪挿しを作る方。
常識を覆す発想に、会場では感嘆の声が上がっていました。

そんな一輪挿しを作るこの方。
最近コーヒー豆を救うスプーン(本当はもっとちゃんとした名前があったんですけど、思い出せません(・_・;)
をある喫茶店のマスターより開発をお願いされて、作られたそうです。

その期間はなんと3年!
遠方のお客様だったそうなんですが、
実際に会わないと想いは伝わらないとのことで、
何度もマスターに会いに出向かれたそうです。
モノづくりに対する愛を感じざるを得ません!

その方曰く、


モノづくりは

それを使っている人の佇まいを考えることが大切

 

とのこと。

そのマスターからお願いされたのは、

擦り切りで10グラムの豆がすくえるようなスプー

でしたが、

そのマスターのとても優雅でスマートな身のこなし方を見て、

 

「この人に対して、擦り切りという形式ばったようなものは似合わない」

 

と思ったとのことです。

そう思えること自体が芸術ですね。

私はそれを聞いて、鳥肌が立ちました。

 

そこからそういう提案をして、会う回数を重ね、

3年たってようやく完成というとこまでもってこれたとの事でした。

 

まさにプロですよね!

自分のモノづくりに対し、たくさんの愛情をもっているからこそ

できることなんじゃないかと思います。

 

前々回の記事で、好きなことを仕事に・・・

という内容を書かせていただきましたが、

こんなに深い愛情をもってお仕事をされる方に

何かをお願いするのって、

それだけでワクワクした気持ちになりますね(^^)

 

私も仕事が「好き」というのを超えて、

仕事に対する「愛情」というレベルまで

想いをしっかりもっていきたいと思います。