あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

女も男もエンヤコラァ~!♪

私の住んでいる福岡では女性と男性の比率が7対3位(だったかな?)で、

道を歩いててもバスに乗っても、改めて見ると

女性が確かに多いな~

という気がします。

 

そして、女性がお仕事で颯爽と風を切って歩く姿は

カッコイイな~!と、よく思います。

  

男女雇用機会均等法が施行されて、来年で30年になるそうです。

 

昔は

男は仕事、女は家庭!

と言われてましたよね。

でも、今は「イクメン」・「イクボス」なんていう言葉が当たり前に

出てくるような社会になりました。

 

・・・かくいう私も、休日は抱っこひもで下の子を抱っこして出かけています。

体が棒のように細いので、さまにならないのが悩みですが・・・

そして歩きながら、妻と先のブログに出てきたブラジルパーカッションの

リズムの練習。

きっとすれ違う人からは奇妙に映るでしょう。

実際にすれ違いざまに振り返られることがよくあります。

二度見ですね(笑)

まぁ、二度見されたとこでそんなの関係ないですが(^^ゞ

 

(話しがそれました・・・)

そして巷では、

「毎日お酒を飲む」

という女性が増えてきたとのことです。

この、毎日お酒を飲んでいたのは、夫の晩酌につき合うためという方が

かつては多かったそうですが、

ここ最近は、

 

居酒屋やバーに入って一人で毎日お酒を飲む女性が増えてきた

 

そうです。

 

そんなことを知って、単純に

「なんかいいなぁ(^^)」

という気がしました。

 

「男は仕事、女は家庭」

というのは、

(私の勝手な考えですが・・・)

昔は「力のある男性」が力仕事をして、

「男性に比べて力のない女性」が家庭に入る、

という現実もあったのではないかと思います。

 

でも、悪いことにそこだけにとどまらずに、

男尊女卑というような風潮も起こってしまったんですよね。

 

でも最近は、力仕事が全てではない

(実際私も力仕事じゃないので棒のような体をしています(・_・;))

し、仕事で男性と女性を分ける必要はなく、

家事や育児も当然に男性もできるもの、

ということが叫ばれだしました。

 

そんな

 

当たり前のことがようやく社会に表れてきた

 

ようで、私はそのことを嬉しく思います。

だって、当たり前が当たり前になっていってるんですから(^^)

 

もっともっと女性も男性も幸せになれる世の中になってほしいですね。