あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

自己紹介〜私の土台が作られた幼少期から中学校まで〜

 

私は両親のもとで一人っ子として育ちました。

 

父は人に対して高圧的で、口にするのはほぼ人の陰口。
また、借金も重ねていました。
それを耐え忍ぶ母。


学生時代の母の記憶は、私が帰ってくると台所にしゃがみ込んで泣いている姿。
今でもそのことをよく覚えています。


そんな両親のもとで、両親が離婚する21歳まで過ごしました。
社会に出ていない学生の頃は、

親が唯一の大人として見本とすべき存在。


そんな見本とすべき両親の、そんな背中を見て育ちました。


「学校の先生も陰では人の悪口を言っている。どんな大人も信用できないな。」
「大人は怖いから絶対に怒らせないようにしよう。」


そんなことを常に考えているような子でした。

 

そんな消極的な性格だったので、

小中学校の頃はよくイジメにもあいました。

きつかったあの頃。

でもそのお陰で、今では人の痛みがよくわかります。

 

今でもよく覚えているのですが、小学校3年の頃、
いつも私をイジメていたイジメっ子がいました。
とある日に、私は堪忍袋の緒を切らしました!
ずっとずっと耐え忍んできたから、

その堪忍袋もかなり大きくなっていました・・・


「わぁーーーーーー!!!!!!」

と叫び、ランドセルを背負ったその子の背中を
今持てる全ての力を込めて、突きとばしました。


・・・その子は、見事に飛んで行きました。


でも、その日以来、イジメはパタッとなくなりました。


今思えば、

自分から行動を起こした初めての体験だったかもしれません。


いずれにせよ、


「動けば変わる!」


ということを、身をもって深く体験した貴重な経験でした。