あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

税務

源泉納付の二つの方法

「なんでウチが払わにゃいけんの?」 昨日に引き続き、源泉所得税のお話。 昨日の記事にも書いたように、源泉所得税には2種類の納付方法が。 1.毎月納付【原則】 通常、その月に給料から天引きして預かった源泉所得税は、その月の翌月10日までに納付します…

年末調整後の大事な手続きです。

「資料がそろわない・・・」 年末調整、処理は進んでいますか? 経理担当者、経営者自ら・・・年末調整を行う人は、ここが正念場。 キチンと従業員から資料を回収することが、年末調整の第一歩。 そして年末調整が終わった後、最後のひと仕事が待っています。 1.…

医療費控除が変わります!

「領収書いらなくなったの??」 毎年気になりだす医療費控除。 医療費控除は年末調整で計算してもらうことはできず、自ら確定申告をして申請することになります。 この医療費控除。 今回平成29年分の確定申告から変更があること、ご存知でしょうか? 1.領…

電話代の経費、うまく上げてますか?

「どこまで認められるの?」 12月に入り、個人事業主の方々は年の暮れに備えての忙しさに加え、決算の準備にハラハラしていることでしょう。 よくあるのが、確定申告期限である3月15日前にバタバタと会計入力… 無事に申告が終わればアッパレ・・・なようにも思…

白色申告の方がいいんでしょ??への回答

「えっ!白じゃダメなんですか!」 昨日は大変ありがたいことに、ご紹介いただいたお客様とのご面談。 自分の人となりを知った方からのご紹介というのはすごくありがたいもの。 自然と、紹介していただいた方も、自分と同じカラーであることがすごく多いこと…

親子と夫婦間での家の贈与には要注意!

「家そのものは・・・アウトです。」 最近、我が家の周りには多くの家が建ち始めています。 環境も良く、交通の便もまぁまぁいいということで、この地に住みたいという人が多い様子。 この地に子どもも住ませたい! という強い気持ちがあれば、家の場所はどうし…

生命保険で退職金を準備することの節税効果②

「結局・・・ソンなの??」 昨日の、経営セーフティ共済や生存退職金についてのお話の続き。 節税対策として、生存退職金を全額損金型の生命保険で準備する、というものがありますが、これを具体的に見ていくことにします。 1.生存退職金を生命保険で準備す…

生命保険で退職金を準備することの節税効果①

「結局は同じなんです。」 決算を間近に控えている経営者からよくある相談。 「今年の税金をなんとか減らしたいけど、なんかいい方法ないかなぁ?」 これに対する私がよく回答する内容として、「あると言えばありますが・・・」。 1.「今」か「未来」か そん…

事業の赤字は積極的に

「損してるからもういいよ」 自営業をされている方からよく聞かれるこのセリフ。 この不景気な状況ですので、どうしても利益を出していくことがなかなか難しい様子。 今日は、残念ながら赤字となった、個人事業主の賢い確定申告の仕方について見ていくことに…

さらに所得税が還付となる術

「なんかお金が戻ってきました!」 昔からの友人。 こんな時代なので、会社からは副業の許可が。 1.副業がなぜ認められる? 会社が副業の許可をするということは、その会社がもしかすると危ないかも?という裏返しでもあるかもしれませんね。 本来、会社と…

青色申告者は扶養に入れる??

「個人事業でも・・・入れるんですか?」 年末調整の時期となり、サラリーマンの方々はいかにして税金を少なくしようか右往左往… 特にご夫婦間で、扶養に入るか入らないかという話題は、年末調整のお問い合わせでトップを占めるもの。 今日は、そんなことでちょ…

税制改正の情報が入ってきました

「結局、トクなの?ソンなの?」 先日も取り上げたことが、またニュースになってますね。 headlines.yahoo.co.jp 1.税制改正の話題です 例年、この11月頃に翌年に改正される税金の決まりごとの叩き台が提示されます。 ここに挙がっているのは、その叩き台…

住宅手当がもらえるには??

「住宅手当てが出ないんですー!」 知人との会話。 最近結婚したこの知人。 一人暮らしの家から、当然のことながら結婚後の新居へ。 旦那さんは、将来の夢を追い続けてアルバイト。 そうなると、実質的に奥さんが世帯主のようなもの。 ところが、この現実に…

年金と給与で二重控除ですと??

「え?また増税?」 2018年の税制改正。 今はまだ案の状態なのですが、また実質増税となるような動きが。 具体的には、給料や年金をもらっている人に対する控除、つまり経費を減らそうというもの。 さらに、富裕層に対しては誰にでも認められている基礎控除…

配偶者の常識が変わる!?

「ここに印鑑つくだけでいいと?」 何やら妻が職場から書類を持ってきた様子。 よくよく見てみると、恐怖の年末調整の書類(汗) 刻一刻と迫りくる年末調整業務。 この書類の書き方を教えてほしいという、まさかの親族からの年末調整へのプレッシャー。 これ…

あなたは年末調整の対象ですか??

「あれっ?年末調整しなくていいんだ・・・」 先日から話題に取り上げさせていただいている年末調整について。 そもそも、年末調整をしなくてよい人であったということもよくあります。 今日は、どんな人が年末調整をしなければならないか、逆にどんな人が年末…

月の満ち欠けの如き、少しの変化に敏感に

「えー!値段変わったの?」 私は定期的にまとめて靴下を買い換えるのですか、とある日に衝撃の事実に遭遇しました。 いつも買っている某衣料品販売店。 これまで4足で1,000円だった靴下が、なんと3足1,000円に(!) 値上がりしてたんですね… 私の記憶では…

条件付きお一人様の優遇規定です

「私の場合・・・控除が多いんですね。」 昨日に引き続き寡婦(夫)控除のお話。 意外と、自分が寡婦であることを気付いていない女性と話すことがあります。 今日は、具体的な内容について検討していくことにしましょう。 1.寡婦(夫)とは そもそも、寡婦(…

お一人様の優遇規定

「実は夫がいなくて・・・」 福岡でいろんな経営者の方とお会いすると、かなり女性の方が多いな、ということを実感します。 そして、またすごいなと思うのが、シングルマザーで子育てをしながら、経営に取り組まれているということ。 この時間の切り盛りも、す…

源泉徴収は人によって違う??

「そんなに税金取らないといけないんですか?」 年末調整の時期になると、必ず出てくるこの話題。 毎月の給料からきちんと源泉徴収されているか、という話。 従業員の自分としてもサラリーマンの方が、通常より多くまたは少なく源泉徴収されているという事実…

年末調整の必須アイテム!

「これを今月末までに提出して下さい」 我々の年末調整において必要な書類の一つに、【扶養控除等申告書】というものがあります。 これがないと、年末調整ができないわけです。 皆さんもそろそろ、この扶養控除等申告書を会社から提出が求められる時期ではな…

個人が節税目的で生命保険に加入することの是非

「これだけ払ってるのに、たったそれだけ?」 昨日に引き続き年末調整のお話。 サラリーマンの方は給料だけの収入というのが一般的ですので、ほぼ経費が決まっています。 給料に対する経費は【給与所得控除】。 everydayrunchange.hatenablog.com これは税務…

年末調整とは我が家の朝ごはんである

「なくさないように取っておいてくださいね。」 最近生命保険会社から、「生命保険料控除証明書」が届き始めました。 我々には見たくもないこの書類… 来てほしくない繁忙期… そう、年末調整の始まりはじまり… 1.年末調整とは サラリーマンの方は、一年間の…

事前確定届出給与・・・アウトにならないことも?

「鼻からゆっくり息を吸ってー・・・」 昨日はご縁あって参加させていただいた、ヨガと瞑想のイベントへ。 私自身、こういった世界は未知。 ただ、これから多くの人と接していく中で、また自分自身のことでも、心の状態を平穏なものにしておくということはすご…

たなぼた式給付金のおめぐみ

「不幸中の幸いか・・・」 先日より度々、肩甲骨の骨折について力説しているわけですが、なんともラッキーなことが。 everydayrunchange.hatenablog.com たまたま交流会で隣に座っていた人から、アドバイス。 何やら、その人は女性の少し高齢の方で、若い頃から…

役員賞与で合法的な利益調整

「絶対に払わないといけないの?」 昨日で東京出張も終わり、ようやく通常業務へ。 福岡の中心部で仕事をしていて、福岡の周辺地域と比べると随分都会だ、と天狗さんになっていたわけですが、東京ともなるとやはりスケールが違いますね。 かなり高層のビルに…

役員への税務のご褒美??

「今までお世話になりました。」 先日は前職場の送別会。 ご縁があり勤務させていただいた職場でしたが、6月末をもって正式に退職。 退職から少し日が空いたものの、大変ありがたいことに送別会の場を設けていただいたのです。 そしてまた、これもありがたい…

法人の社保加入は必須です!

「入らないといけないんですか!」 今日は、顧問先のお客様との面談の日。 最近設立したばかりの法人なので、まずはいろいろと状況を伺うことに。話題は社会保険料のことへ。 法人は例え代表者1人であっても社会保険に加入することが義務付けられているわけ…

リスクを最小限に、そして最大限の効果を

「危なかった…」 今日は朝から予定があるため、早朝から仕事をするため職場へ。 あるはずのズボンが、探せば探せば見当たらず、仕方なくよれよれのジャージを着て出発。 …と思ったのですが、さすがによれよれすぎて、公共の交通機関での移動は公害になると判…

相続が遠のいている?

「そこでもらってもキツイですよね。」 最近よく経営者との間で交わされる相続のお話。 日本では高齢化が進んでおり、さらには人口減少も。 1.相続が様変わり? 相続の基礎控除額などが引きさがり、相続税がかかってくる人が多くなってきたことは記憶に新…